日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の第5話を解説!

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の第5話のネタバレとあらすじ、そして読んだ感想を紹介していきます。

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜は連日、エロ漫画ランキングで上位に入っている、チンジャオ娘先生達磨さん転んだ先生のお二人による人気のエロ漫画になります。

 

 

夜這いの風習という話から我慢できずに涼音に襲い掛かり、見事に挿入を果たしたタケル。
夢中で腰を動かしてチンコの出し入れを繰り返していきます。
そんな二人の姿を見ていて、ひとりでに右手がパンツの中に入ってアソコを弄繰り回してしまう愛美。
そして彼女も我慢できずに、そっとヒロトに近寄っていきます。

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜BookLive!コミックの方で、途中までですが無料で読めるエロ漫画になっております。中身が気になった人は、まずは無料の部分から読んでみて下さい。

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の無料で読めるページはこちら

 

▽   ▽   ▽

 

クリック!

 

 

我慢はアソコに悪いですよ〜(*´▽`*)

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜4話「ウチたちも…しよ?」姉を捧げた代わりに抱く従姉弟の身体はこちら


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第5話を徹底ネタバレ

ヒロトの熱く腫れて硬くなる勃起したおチンチンを口の中に含みながら、舌先で優しく愛撫をしながら感じさせていた愛実のフェラチオの中で、彼女は彼の様子に気づいてしまいます。

 

それは……犯されている涼音に興奮していると、ヒロトのおチンチンの反応が姉の喘ぎ声を聞くたびに膨れ上がり、筋も固く膨張し始め、鬼頭もブルブルと跳ね上がりを見せてしまい、彼が姉の淫らな姿に悶えているのだと知った愛実は、ヒロトのそんないけない反応を笑みをこぼしながらにからかいます。

 

そんな言葉に、慌てて否定するヒロトですが、涼音の察し通りに、彼は姉がタケルに犯されている姿に興奮していたのです。

 

年頃になり、落ち着いた雰囲気をみせていた姉が、あんなにも淫らに悶え、年下であるタケルのおチンチンに貫かれて、お尻をつかまれたまま、精液を子宮に注がれていた姿に、ヒロトの興奮は抑えきれない膨張をみせていたのです。

 

タケルは涼音に気持ち良いと尋ね、彼女は顔を赤くしたままに、違うと否定をするも、それが余計に彼を刺激してしまい、絶対に気持ち良いと言わせてみせると、がむしゃらに腰を動かし膨張した亀頭を子宮に押し込みながら、膣内を激しく叩き始めてしまいます。

 

精液の詰まった亀頭で子宮が何度も叩かれていく中で、性欲を昂らせていた涼音は、気持ちがいいと朦朧としながら呟いてしまいます。

 

姉が犯されていくと、白濁の精液を注がれて感じた彼女を見ながら、またヒロトも射精を愛実に噴き零してしまいます……


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の第5話のあらすじをお話ししていきます

涼音がタケルに処女を破かれ、激しく腰を動かす発情した下半身の動きに、最初は羞恥に戸惑い、あふれ出てしまう声を悶えていた彼女は、嫌がる声をみだらな喘ぎ声に変えてしまい、快楽に身を落としていました。

 

そんな姉の淫らな姿に興奮を抑えられないヒロトは、沸き出す興奮を抑えきれず、姉と従弟の発情したセックスに呆然と見とれていた中、愛実に私たちもしてみようと誘われてしまい、従姉と初めてを互いに奪い合い、締め付けてくる彼女の膣肉によって、子宮へと精液を注いでしまい、その日を境にして4人は、セックスの虜となってしまったのです。

 

翌日から4人は、親のいない隙に、自宅にてセックスを行うようになっていました。

 

買い物に誘われるも、みんなでセックスしていたほうが気持ちがいいと、タケルに至っては、熱病に浮かされたかのように、涼音の事を求めてしまい、恥ずかしがる彼女を後ろから押し倒し、愛らしいお尻を持ち上げて、勃起したおチンチンを捻じ込んでしまいます。

 

嫌がる涼音でしたが、膣肉の締め付けはタケルの精液を求めてしまい、亀頭を絞り込みながらあえぐ涼音には、もう何時もの冷静な装いは無く、男の精液を求める牝となっていました。

 

そんな姉の姿を見て、興奮が抑えられないヒロトは愛実に硬くなったおチンチンを舐められながら、姉の犯される姿に興奮していました……


日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第5話の感想!

覚えてしまったセックスの魅惑の味に憑りつかれてしまい、淫らな性欲に溺れていく4人と、さらに精液と中出しを求めてしまうと、幼い彼らがセックスに溺れていく夏休み開始な内容となる第5話。

 

タケルは、すっかりと涼音のおマンコと子宮の味を覚えてしまい、中出しセックスに夢中になっていると、発情した彼の性欲に犯されてしまうも、感じてしまう快感に抗えない涼音の姿が今回の前半の見どころとなっています。

 

クールで落ち着いた雰囲気のある涼音が、すっかりと勃起おチンチンの虜になってしまい、中出しセックスにハマっているも、強がって感じていないと、男の性欲を刺激してしまう事を呟いてしまい、さらに激しくタケルから精液を注がれてしまうと、二人のセックスにさらに過激さが増していき、そんな姿に興奮していたヒロト。

 

姉の犯されている姿を見て興奮していた弟は、愛実の丁寧な舌使いのフェラチオに感じてしまい、ムクムクとおチンチンを勃起させてしまい、涼音とタケルのセックスを見て、興奮していると、寝取られセックスに興味があるのかと思いたくなってしまう、ヒロトの傾いた性欲が、愛実に見抜かれてしまうと、今後の展開に大きな影響を出しそうな雰囲気が感じられます。

 

そんなヒロトの視線の中で、タケルの精液に沈んでいく涼音。

 

果たして、4人はこのままどんな結末を迎えてしまうのかと、孕ませEND不回避な雰囲気に注目できます!

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜の無料試し読みはこちら

 

▽   ▽   ▽

 

クリック!

 

 

涼音がイキまくりですよ〜(*´ω`*)

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜6話「まるで動物みたい」田舎の自然の中でセックスに耽る少年少女はこちら

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜無料でネタバレとエッチな画像はこちら